小論文添削講座ポトス

接続詞 ものの、とはいうものの、とはいえ、とはいっても

(定義)

 違和(いわ)の接続詞。

 前の事がらに対し、調和しない後の事がらを述べる際に使います。

 「ものの」は句と句を結びます。

 「とはいうものの」は句と句、文と文を結びます。

 前の事がらを認めつつ、強調したい後の事がらを述べる。

 「ものの」「とはいうものの」はかたい言い方。

 「とはいえ」「とはいっても」はやわらかい言い方。

 

(例文)

・時間がないものの、この仕事は今日中に終わらせなければならない。

・人間は地球上で最も知能の高い生きものであるものの、争いごとばかりしている。

・人間は地球上で争いごとばかりしているものの、地球上で最も知能の高い生きものである。

・スマートフォンをこないだ買った。とはいうものの、全然使い方が分からない。

・この部屋の家賃は安いとはいうものの、かなりせまい。

・この部屋はかなりせまいとはいうものの、家賃は安い。

・青汁は体に良いとはいうものの、あまりおいしくない。

・青汁はあまりおいしくないとはいうものの、体に良い。

・この部屋の家賃は安いとはいえ、かなりせまい。

・この部屋はかなりせまいとはいえ、家賃は安い。

・時間がないとはいっても、この仕事は今日中に終わらせなければならない。

他の接続詞もこちらで解説しています。

接続詞について (一覧と解説)

小論文添削講座ポトス copyright (C) 2007 POTHOS. All Rights Reserved.