ホーム

接続詞 それなら、それでは、そうすれば、そうしなければ、そうすると、そうしないと

(定義)

 条件の接続詞

 文と文を結びます。

 前の文で述べられた条件に対し、意見や判断を述べる場合に使われます。

 「それなら、それでは」は、前の文の『過去の事実か、近未来であっても、100%実現する確定条件』である内容に対して、意見や判断を述べる場合に使われます。

 「それなら」は、口語的でやわらかい言い方で、「それでは」は、あらたまったかたい言い方になります。話しことばで、「だったら」になることがあります。

 「そうすれば、そうしなければ、そうすると、そうしないと」は、前の文の『仮にそうであるとする仮定条件』である内容に対して、意見や判断を述べる場合に使われます。

 「そうすれば」は、「前の事がら」が条件として成立するのであれば、「後の事がら」が成り立つという意味で使われます。

 「そうしなければ」は、「前の事がら」が条件として成立しないのであれば、「後の事がら」が成り立たつという意味で使われます。

 「そうすると」は、「前の事がら」が起こると、「後の事がら」が起こるという意味で使われます。

 「そうしないと」は、「前の事がら」が起こらないと、「後の事がら」が起こるという意味で使われます。

 

 

(例文)

【それなら、それでは】

・「今晩はあなたの好きな焼肉よ。」「それなら、早く帰るよ。」
・「田中さんが転勤されるそうです。」「それなら送別会をしなければなりませんね。」

・「田中さんが転勤されるそうです。」「それでは送別会をしなければなりませんね。」
・「吹雪のため今日はこれ以上進めそうにありません。」「それなら今日はここでテントを張り宿泊しましょう。」

・「吹雪のため今日はこれ以上進めそうにありません。」「それでは今日はここでテントを張り宿泊しましょう。」
・「Mサイズはどうでしたか?」「小さかったです。」「それならLサイズをご試着してみてください。」

・「Mサイズはどうでしたか?」「小さかったです。」「それではLサイズをご試着してみてください。」

【そうすれば、そうしなければ、そうすると、そうしないと】

・自分がされていやなことは人にするべきでない。そうすれば、人に嫌われないだろう。

・自分がされていやなことは人にするべきでない。そうしなければ、多くの人に嫌われるだろう。

・自分がされてうれしいことを人にしよう。そうすると、あなたの周りのひとが幸せになるだろう。

・自分がされてうれしいことを人にしよう。そうしないと、あなたの周りのひとが幸せにならないだろう。

・冬は寒いため車のエンジンルームに猫が入り込んでしまうことがあるからだ。冬の寒い日に車を動かす前は猫バンバンをしよう。そうしないと、エンジンルームにいる猫がこれから車が動くことが分からない。