ホーム

接続詞 だとすれば、だとすると、だとしても

(定義)

 判断の接続詞。

 文と文を接続します。

 前で述べた内容に対する判断を述べます。

 「だとすれば、だとすると」は、前で述べる内容が既定である場合に使われます。

 「だとしても」は、前で述べる内容が仮定である場合に使われます。

 

(例文)

【だとすれば、だとすると】

・書けずに悩んでいる人は、「書けない」「苦手」「才能がない」などと勝手に思い込み、書くことから逃げている。だとすれば、書く力は一生身につかない。

・組織においては1人ひとりの価値観や目標に合わせてやる気を引き出していかねばならない。だとすると、もはや上司1人が、全員一律のやり方でマネジメントしていくことは、限界がある。

【だとしても】

・各省庁は、「書類をつくったら、現場はもっとよくなるはずだ」という発想をやめ、先行例などから、効果がある程度確からしいものを推奨するべきだ。だとしても、義務付けまでするのは慎重に検討するべきである。