接続詞 他方(たほう)

(定義)

 対比の接続詞。

 句と句、文と文を結びます。
 客観的に前で述べた内容に関連する内容を並べて、前で述べた内容と対比させたい時に使われます。
 句と句を結ぶ場合は、述部と述部を結びます。
 書き言葉的でかたい言葉。

 
 

(例文)

・Aさんは巨人ファンです。他方、Bさんは阪神ファンです。
・たとえば、会社で課長をしているAさんとBさんがいます。Aさんは、常に部下に対して思いやりをもって接しています。他方、Bさんは、部下に対して全く思いやりがありません。あなたは、どちらの上司の下で部下として働きたいですか?

ポトス ホームへ