ホーム

接続詞 確かに、しかし

(定義)

 対立(たいりつ)の接続詞。

  「確かに」の後で、ある事柄(ことがら)を認め、「しかし」の後で『確かにの後で述べたこと』と対立することを強調して述べる。

 

(例文)

・原発は資源のない日本にとって必要不可欠である。確かに、原発は低コストで大きな電力を安定して供給する。しかし、原発事故が起きた場合、その被害はとても大きなものになる。

・原発は資源のない日本にとって必要不可欠である。確かに、原発事故が起きた場合、その被害はとても大きなものになる。しかし、原発は低コストで大きな電力を安定して供給する。

・入試において裏口入学が度々問題になる。確かに、裏口入学は法律上は違法行為ではない。しかし、裏口入学は社会において許されない不正行為である。

・入試において裏口入学が度々問題になる。確かに、裏口入学は社会において許されない不正行為である。しかし、裏口入学は法律上は違法行為ではない。