ホーム

接続詞 もし、もしも、仮に、仮にも、もしかしたら

(定義)

 仮定(かてい)の接続詞。

 文と文を結びます。

 後の事がらを仮定として、さらにその後の事がらを述べます。

 

(例文)

もし、田中正三が総理大臣でだったら、森友問題と加計問題のような問題は起きなかっただろう。

もしも、田中正三が総理大臣であれば、苦しんでいる人や困っている人をないがしろにするような政治を決してしないだろう。

仮に、全国民の代表である国会議員が全国民のためではなく特定の一部の人々のためだけに政治を行うのであれば、そのような国は表面上は民主主義かもしれないが本質は民主主義ではない。

仮にも、全体の奉仕者である国会議員であるのなら、反社会的勢力と一切関わってはならない。それが、全体の奉仕者である国会議員の責務である。

・冬は車のエンジンルームに猫が入り込んでしまうことがある。もしかしたら、エンジンルームに猫がいるかもしれないので、猫バンバンしよう。