社会の正しい考え方・勉強のやり方

(考え方)

 物事の目的・理由、つまり「物事」と「物事」の論理的なつながりを具体的に考える。

(勉強のやり方)

 用語を暗記しようとするのではなく、物事の目的・理由を考えて、物事と物事のつながりを理解していく。この際、文字ではなく、教科書・資料集・写真・図により具体的に理解していく。

ポトス ホームへ